Archive for 12月, 2014

Posted by admin_istanbulgazette at 2014年12月24日

Category: 調査日記

トルコは若い人口の比率が高く、経済成長のポテンシャルが高いといわれています。
また欧州、アジア、中東をつなぐ要衝として、地理的に優位だ。
そんなトルコですが、弱みもあります。
その中のひとつが情勢が不安定なところ、このサイトではトルコ、中東の事情を
多く取り上げていくつもりですが、時には生活についても紹介していきたいと思っております。
特に水道工事やDIY、料理などの役に立ちそうな情報は積極的に紹介していきます。
サブ的な扱いではありますが。

Posted by admin_istanbulgazette at 2014年12月10日

Category: 調査日記

平時な時に、争いは考えられず、争いの時に平時は考えられず。
となるといつそれらの平行線は交わるのか?
過去に王となる相応しいものは、国にこだわらないものと読んだことがあります。
(たしか老氏だったと思います)
国の事を思ってこそ、君子だと今の世論は言いますが、
あまりにこだわりすぎて争っていては、本末転倒であり、
老氏はそれを言っていたのだと思うのです。
国の事と例えば、家でティーカッププードルを購入するかを
同じ位に考えられる人がいいのかもしれません。
今のトップは力が入り過ぎなんですよ。

Posted by admin_istanbulgazette at 2014年12月4日

Category: 調査日記

イスラム国という言葉が浸透してきました、
情勢や国の境があやふやになり、
テロのまとまった集団を指す事が「イスラム教」であるからですが、
昨今の報道ではまるでイスラム教を全て消し去るような言い回しで
若干の凶器すら感じます。
ネットが普及し、ここ日本にいても世界の情勢が手に取るように分かります。
他国といって見過ごす事のできない問題です。
しかし、トイレ修理をしながらニュースを見ている私を
平和といえる事は皮肉でしかありませんが。

Posted by admin_istanbulgazette at 2014年12月2日

Category: 調査日記

テロのニュースを見ていて、現地は瓦礫や破壊された街・家屋で溢れていました。
そのあと流れたウユニ塩湖の絶景紹介とは、
真逆すぎてテレビ局の皮肉的な平和喚起があるのでは、と勘ぐってしまいました。
トルコには、世界的に有名なブルーモスク、カッパドキアなど素晴らしい場所が数多くあります。
ないとはいえ、テロの標的になっては世界的な損害。
世界の財産は、世界で守らなければなりません。
壊すのは一瞬、作るのは一生。
簡単なことではないのです。